酒粕の効果 美容とダイエット

発酵食品

酒粕とは

酒粕は、主に清酒製造の「圧搾」と呼ばれる工程後から、清酒ができる過程で残った「搾りかす」のことを指します。

酒粕には、清酒の原料である米やこうじ、酵母由来の炭水化物やたんぱく質、アミノ酸、ペプチド、ビタミンなどの栄養素を豊富に含んでおり、 

酒粕の栄養価・秘めたパワー

酒粕には栄養成分が多く含まれています。

ビタミンB群、葉酸、亜鉛、ミネラルの他、ペプチド、アミノ酸、麹菌、βーグルカン

食物繊維も豊富に含まれています。

 

酒粕の健康・美容効果

そのため酒粕はいろんな次のような健康効果が期待されています。

〈美肌効果〉

肌の代謝を高め、ターンオーバーを促進し、食物繊維が豊富で、便秘の解消にもつながるので

美肌効果が期待できます。
また肌細胞のコラーゲン産生を促進し、それにより、肌のキメを細かくする
効果も検証されています。

〈肝臓の保護〉
酒粕が含むペプチドが肝臓の抗酸化力を高め、活性酸素を取り除いて、
肝臓を保護します。

〈便秘の解消効果〉
酒粕に含まれる食物繊維が、腸内の活動を促進し老廃物を排出。
また、オリゴ糖が善玉菌の増殖を促し、腸内環境を整えます。

その他、免疫力アップ、生活習慣病の予防、肩こりや頭痛、冷え性の緩和
糖尿病、肥満の予防と体質改善、アレルギー体質の改善、悪玉コレステロールの減少
などにも効果があるといわれています。

酒粕の食しかた・利用方法

酒粕の料理は昔からいろいろ作られてきましたが、身近なところでは甘酒、粕汁、石狩鍋など

はわりと皆さん知っているのではないでしょうか。

甘酒、粕汁は手軽に作れるので、簡単なレシピを紹介したいと思います。

甘酒

【材料】(3~4杯分)
酒粕
100g

600㏄
砂糖
50g

ひとつまみ
生姜(すりおろし、または絞り汁)
おこのみで

【作り方】
①酒粕は溶けやすいように、細かく千切ります。
②鍋に酒粕と水を入れて一晩置き、酒粕をふやかします。
③鍋を火にかけ、溶かします。

酒粕汁

作り方
1 玉ねぎ、にんじん、キノコをカットする。
2 鍋のお湯に出汁を入れ、油揚げや野菜を入れ火を通す。
3 酒粕は溶けにくいのであらかじめ容器でといておく。
4 2)に酒粕をといたものを入れひと煮立ちさせてアルコールを飛ばす。

5 みそを入れる。(白みそが一番合う)

・味噌汁の応用のようなものなので材料はありあわせのものでOKです。

 

酒粕の成分・サプリメントへの応用・レジスタントプロテイン

酒粕の成分の中にレジスタントプロテインというものがあります。

これは、難消化性の食物繊維様のたんぱく質です。

レジスタントプロテインは、酒粕の有効成分を凝縮したものであると考えてよさそうです。

レジスタントプロテインは、酒造メーカーの大関とヤエガキ醗酵技研が共同で研究開発し

プロファイバーという名称での商標があります。

両社の研究によると

レジスタンプロテインには、

・便通を改善させる効果

・脂肪等の油を吸着し、排出させる効果

・内臓脂肪を低下させる効果

があることが分かっています。

 

これはラー油を使った実験ですが、ラー油を入れた水のなかにプロファイバー(レジスタントプロテイン)を入れてみた様子です。

レジスタントプロテインが油を包み込んでいるいる様子がわかります。

ヤエガキ醗酵技研HPより

 

つまりダイエット効果は間違いなくあるということですね。

酒粕のすばらしい効用を試したいのであれば、このプロファイバーを素材にしたサプリメントを活用するのもいいと思います。

 

 

 

 

 

 

コメント